JCFサポータ制度について

連盟では、コーチングの継続学習の機会としてサポータ制度を設置しています。サポータ制度は、コーチアカデミー及び連盟公認プログラムとして開催されるセミナーに「アシスタントかつ練習生」という資格で無料受講できる制度です(交通費等は自己負担/登録料1,000円〜3,000円)。

コーチング技能維持・技能向上の機会としてご活用ください。コーチ技能検定試験の受験準備の機会としても最適です。また、「JCF技能ポイント*」 獲得の機会としてご利用ください(専科や未履修のコースは対象外)。

※JCF技能ポイント:主として連盟の各種制度・プログラムへの応募や選抜の際にポイント累積の優位者に優先的に当選等の権利が付与される制度です。

サポータに参加するメリット

「気づきと受容」の場 〜修了生同士で驚きを共有〜

サポータの醍醐味の一つは講義後の講師をまじえた「ふりかえり」。
すでにコーチングを学んでいる仲間と一緒に講義をふりかえることで、濃厚な「気づきと受容」の場を得ることができます。

学びの深まり 〜余裕が新たな発見に〜

余裕を持って正規のプログラムを再体験。
コーチングの知識や体験を持って参加することで、受講時には感じることのできなかったことを感じ取ることが出来、分からなかったことが明確になります。

新たな刺激 〜自己実感をさらに深める〜

新規受講生の新鮮な反応を感じ取る機会であることもサポータの特徴です。
自分が受講したクラスとは異なる様々な反応が新たな刺激となり、自分と相手に対する興味・関心をさらに育むことができます。

サポータ応募について

応募要件

サポータにご応募いただくには、以下の要件を全て満たせることが必要となります。

  • 連盟の正会員であること
  • 連盟認定コーチ養成プログラム基礎コースの課程を修了していること
    ※但し、応用コースサポータ希望者については、原則として応用コースの課程を修了し、さらにコーチ技能検定試験の受験経験(学科試験がE判定の場合は不可)、または基礎コース(コーチング入門やアドバンスも可)のサポータ経験があること
    また、原則として、同期・同日程の基礎コースのサポータでないこと
  • 開催諸条件を承諾できること
    • 原則として全回出席できること
    • 集合時間を厳守できること
      (2回を超える欠席または2回を超える遅刻した場合は技能ポイントを取得できません。出席は可)
    • 講師の指示を厳守できること
  • 講師からのコーチングに関する個別指導を受けとめる意思があること
  • 連盟名刺を携帯していること(JCF事務局へ申込前に発注済みであること)
  • 登録後は他の日程に変更することはできません(追加応募は可)

申込方法

下記内容を事務局宛てにメールにて送信してください。折り返し、受付メールを送信いたします。当選発表日に当選者を会員の皆様にメールにて発表いたします。
また、合わせて当選者には個別にご案内をいたします。
当選は、原則先着順に決定いたしますが、応募者多数の場合は受講状況及び会員としての活動履歴を審査のうえ選出させていただく場合があります。

  • お名前(ふりがな):
  • 会員認証番号 :
  • 電子メールのアドレス:
  • ご自宅住所:〒
  • 電話番号:
  • 携帯番号:
  • FAX番号:
  • 登録希望のセミナー(下記募集中の講座から選択/複数選択可)

サポータ募集中(予定)の講座 平成30(2018)年


JCF公認大学公開講座

↓【応募締切】11月21日(水)17時まで 【当選発表】11月22日(木)13時以降

コース名秋期 明治大学リバティアカデミー コーチング・アドバンス(土曜コース)
講義日程12/8、12/15、1/12
講義時間10時30分〜17時30分
集合時間9時45分(初回のみ9時15分)
開催場所明治大学アカデミーコモン11階(駿河台キャンパス)
応募条件応募要件をすべて満たせること
登録費用1,500円
ポイント数12ポイント
募集定員3〜5名ほど